こんな看護師は嫌だ!

副会長・常任理事の推薦候補を発表―唐澤氏陣営(医療介護CBニュース)

 日本医師会会長選挙に立候補している現職の唐澤祥人氏の選挙対策本部は3月23日、陣営が推薦する3人の副会長候補者と10人の常任理事候補者を発表した。3人の副会長を含む8人の候補が新任で、同氏が掲げる「刷新」を強く印象づける顔ぶれとなっている。

 ただ、同陣営では、会長候補が落選した場合、その陣営から推薦された役員もすべて就任を辞退する従来型のキャビネット選挙はしない方針を明らかにしている。そのため、今回発表された候補者については、「当選した場合は、唐澤候補の当落に関係なく自らの意志で去就を決めることになる」(同陣営関係者)という。

 日医執行部の役員選挙の投開票は4月1日、会長選と同時に実施される。唐澤陣営が推薦した候補者は以下の通り。(敬称略、新は新任候補)

【副会長】横倉義武(65、福岡県医師会、新)、内田健夫(61、神奈川県医師会、新)、中川俊男(58、北海道医師会、新)
【常任理事】前田美穂(57、日本医科大教授、新)、石井正三(59、福島県医師会)、今村聡(58、東京都医師会)、飯沼雅朗(70、愛知県医師会)、三上裕司(60、大阪府医師会)、今村定臣(62、長崎県医師会)、石川広己(56、千葉県医師会、新)、新田國夫(65、東京都医師会、新)、高杉敬久(65、広島県医師会、新)、藤川謙二(55、佐賀県医師会、新)


【関連記事】
「日医の改革」で小松氏ら論客3人が講演
唐澤・原中両陣営、25日以降に役員候補発表
「全員参加、情報発信力ある日医に」―唐澤氏
キャビネット選挙どうする? 日医会長選3候補が見解
日医会長選、立候補3氏が初の公開討論

31歳会社員「興奮した」 帰宅女性にふん尿投げつける(スポーツ報知)
<公明>神崎、坂口氏が議員辞職、引退へ 世代交代を加速(毎日新聞)
地方分権改革、早急実現を=最終会合で政府にクギ−分権委(時事通信)
<三笠宮さま>左目の白内障手術が終了(毎日新聞)
<前原国交相>八ッ場ダムの湖面1号橋工事継続(毎日新聞)
[PR]
by amlgreg1po | 2010-03-26 00:41
<< 【新・関西笑談】「経済」を語ろ... 可視化法案見送り 今国会 参院... >>



看護師仲間のはなし
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧